2018年4月1日週報

2018年4月1日週報

イースター礼拝 No.65-1(第3410回)

【今週のみことば】
「キリストがあなたがたのうちにおられるなら、からだは罪のゆえに死んでいても、御霊が義のゆえにいのちとなっています。」ローマ人への手紙 8章10節

《礼拝次第》
前奏 
招詞 詩篇16篇10-11節
賛美 新聖歌 126 地よ声高く
祈り 
賛美 歌集 19 主は栄光
告白 交読58
主の晩餐 信者の信仰の告白として
賛美 歌集 14 セレブレイト・ジーザス
聖書朗読 ルカ24:1-8
宣教 「絶望から希望へ」
感謝 
賛美 新聖歌 127 墓の中に
頌栄 新聖歌 64 父なる神
祝祷 
後奏 
報告

【黙想】

  • 私たちを縛る罪と死はどのようにして打ち破られましたか。
  • 今なおある罪の力や死に向かっていく体の衰えなどの中で、どのようにして希望を持てますか。

【本日の予定】

  • 主の晩餐
  • 役員選挙
  • 役員会

    【お知らせ・感謝】

  • 本日は主イエス・キリストの復活を記念するイースター礼拝でした。教会学校の時間には、エッグハントをしました。ご家族やご友人にイースタークッキーをプレゼントしましょう。
  • 礼拝に引き続き、教会学校の進級式を行います。
  • 本日午後、月例会において役員選挙と新年度の歩みについて話し合います。教会員の方はご参加ください。また、出席できない方は事前に投票をお願いします。
  • 次主日午後は会計監査を行いますが、それ以外は可能な方で墓園の雪囲いの片付けと掃除をします。ご協力ください。
  • 今月、水沢教会と盛岡教会を開拓したシーファー元宣教師が来県し、各地を訪問されます。北上教会には11日(木)の婦人会と祈祷会に来られます。
  • *****姉は退院して「まつみ」に戻りました。引き続きお祈りください。

    【被災地支援】

  • 一関ベースは県の検査も無事に終え、返還することができました。5年半にわたって気仙沼、陸前高田等での働きに用いられました。今後のためにお祈り下さい。
  • いっぽいっぽ岩手では、3月末で退任した坂西信悟師の後任を求めています。よい人材が備えられるようお祈りください。
  • ハイケ師はドイツに帰国してからは、リーベンゼラ宣教団のゲストハウスで働くことになっています。