2020年6月21日週報

2020年6月21日週報

主日礼拝 No.67-12(第3526回)

【今月のみことば】
「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」イザヤ書 43章4節

《礼拝次第》
前奏 
招詞 詩篇9篇11-14節
賛美 新聖歌 28 御神の恵みを
祈り 
交読 交読36(詩篇116篇)
賛美 歌集 27 尊きわが主
賛美 歌集 57 御名をほめたたえる歌声より
聖書朗読 マタイの福音書26:47-56
宣教 「裏切りさえも」
賛美 新聖歌 103 わがためイエス君
感謝
頌栄 新聖歌 60 天地こぞりて
祝祷 
後奏 
報告 

【黙想】

  • イエス様はなぜユダの裏切りさえも分かっていて苦難を受けたのでしょうか。
  • 私たちの救いの完成のために苦しみにはどのような意味があるでしょうか。

【本日の予定】

  • 父の日

    【お知らせ・感謝】

  • 本日は「父の日」です。男性の皆さんはプレゼントをお受け取りください。また、可能な方は、今日いらしていない方にも週報ボックスのものと一緒にお届けにご協力ください。
  • 県境を越えた移動の全国的な自粛解除を受けて、教会としても「二週間以内に県外から来られた方やそのような方と接触があった場合は教会への出入りを遠慮していただく」という制限を解除します。しかし安全になったとはまだ言えませんので、最大限注意し、心配な場合や、仕事上差し支える場合などは、ご自宅で礼拝を守るなど、気兼ねなくなさってください。
  • 次週の午後は墓園の草刈清掃を行う予定です。召天者記念礼拝(墓前礼拝)は行いませんが、いつもどおり墓園の整備を行いましょう。なお、教会での昼食はまだありませんので各自で済ませて現地に向かいましょう。
  • キャサリン・ポーター宣教師は7月3日に宮古を離れ、14日に英国に一時帰国されます。来年夏に日本に戻った後は、拠点を移しハープの演奏活動を中心とした働きに なるとのことです。宮古開拓はデイビッド宣教師家族が引き続き担います。これからの歩み、働きのために祈りましょう。
  • 単立北上キリスト教会の伊藤師は引き続きゲストハウスに滞在中ですが、今日は教会員宅で礼拝をささげるとのことです。