2020年3月15日週報

2020年3月15日週報

主日礼拝 No.66-50(第3512回)

【今週のみことば】
「しかし、最後まで耐え忍ぶ人は救われます。御国のこの福音は全世界に宣べ伝えられて、すべての民族に証しされ、それから終わりが来ます。」
マタイの福音書 24章13節、14節

《礼拝次第》
前奏 
招詞 詩篇138篇4-8節
賛美 新聖歌 8 七日の旅路
祈り 
交読 交読30(詩篇96篇)
賛美 歌集 12 なんと素晴らしい
賛美 歌集 39 聖霊なる神が
聖書朗読 マタイ24:1-14
宣教 「人の愛が冷えるとき」
賛美 新聖歌 474 主がわたしの手を
感謝 
頌栄 新聖歌 61 御恵みあふるる
祝祷 
後奏 
報告 
 

【黙想】

  • イエス様が世の終わりに向かう前兆について教えたのは何のためでしょうか。
  • 苦難の中で忍耐するとはどういう意味ですか。

【本日の予定】

  • 特にありません

    【お知らせ・感謝】

  • 本日も礼拝後の愛餐会はお休みとなります。1日も早い終息と回復のために祈りましょう。
  • 春の中高生キャンプも中止になりました。キャンプの運営面でも大きな減収となりますので、不足分の満たしと、新年度からのキャンプ開催のためにお祈りくださいとのことです。
  • 次主日の礼拝にはキリスト者学生会東北地区の永井創世主事がおいでになり、みことばのご用とKGKの紹介をしてくださいます(諸事情によりご家族はいらっしゃれなくなりました)道のりとご奉仕のためにお祈りください。
  • 明日の岩手同労者会では、3月で退職されるウォン宣教師の送別会が行われます。また続けて岩手世の光協力会の総会が行われます。
  • 新年度に向けた奉仕希望を募ります。追加変更等があればご記入ください。
  • 20日(金)と21日(土)の2日にわたってネットワークのスタッフ住居、物置としてい使用しているオリーブ館(盛岡)の掃除と片付けをします。掃除などでボランティアをしてくださる方は、都合の良い時間にご協力ください。
  • 今週18日に多田琴子姉が白内障の一回目の手術を受けます。年齢的なこともあり、心配なさっていますので、ぜひお祈りにおぼえてください。2週間後に二回目の手術があるそうです。