2018年8月26日週報

2018年8月26日週報

主日礼拝 No.65-22(第3431回)

【今週のみことば】
「イエスは再び彼らに言われた。「平安があなたがたにあるように。父がわたしを遣わされたように、わたしもあなたがたを遣わします。」」ヨハネの福音書 20章21節

《礼拝次第》
前奏 
招詞 詩篇104篇1-4節
賛美 新聖歌 2 たたえよ救い主イエスを
祈り 
使徒信条 
賛美 歌集 03 主の前にひざまずき
賛美 歌集 43 強くあれ雄々しくれ
聖書朗読 マタイの福音書10章1-10節
宣教 「福音の担い手」
感謝 
賛美 新聖歌 386 ナルドの香油
頌栄 新聖歌 60 天地こぞりて
祝祷 
後奏 (黙想とともに)
報告 報告〜今週のみことば
 

【黙想】

  • 十二使徒として呼ばれた人たちはどのような人たちでしたか。
  • 福音宣教の使命を委ねるにあたって弟子たちに求めたことは何ですか。

【本日の予定】

  • 発送準備

    【お知らせ・感謝】

  • 先週21日(火)スポーツミニストリーのために各地を巡回している金グンクツ兄・まどか姉が来北し、教会でのスポーツ宣教の可能性を分かち会ってくださり、とても良い交わりが与えられ感謝でした。
  • 今週末はリレー・フォー・ライフが行われます。参加なさる方々は天候に留意し無理のないようにしましょう。実行委員の牧師夫妻、フラの皆さん、ハープのキャサリン師、鬼剣舞の**兄のためにもお祈りください。募金箱は今日で締め切ります。
  • クリスマスの時期のバプテスマ式を目指して希望者を募ります。希望される方は牧師か役員にお知らせください。
  • リハビリ中の**姉、施設におられる姉妹方、長期出張中の**兄、それぞれの守りと支えのためにお祈りください。
    【被災地支援】

  • 西日本豪雨被害のための募金は22,000円でした。役員会で検討した結果、募金は、来週派遣される同盟ボランティアチームの働きのためにお献げすることにしました。
  • 先週は玉川聖学院の学生チーム、またシンガポールからのEPJMチームが来てくださいました。どちらも長く支援と宣教のために継続して来てくださっています。他にもいくつかのチームが夏休みを利用して沿岸においでくださいました。