2014年10月5日週報

2014年10月5日週報

主日礼拝・主の晩餐 No.61-28(第3228回)

【今週のみことば】
「神は、どのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。こうして、私たちも、自分自身が神から受ける慰めによって、どのような苦しみの中にいる人をも慰めることができるのです。」コリント人への手紙第二 1章4節

《礼拝次第》
前奏
招詞 詩篇27篇4-6節
賛美 新聖歌 257 キリストは生きておられる
祈り 
賛美 歌集 37 イエスが人に
告白 交読15と黙想
主の晩餐 
賛美 歌集 47 きみはわれのまぼろし
聖書朗読 第二コリント 1:1-7
宣教 「慰めの神」
感謝 
賛美 新聖歌 285 心くじけて
頌栄 新聖歌 61 御恵みあふるる
祝祷 
後奏 
報告 

【黙想】

  • 「どのような苦しみのときにも」は文字通り、すべての状況、問題を含んでいるでしょうか。
  • 神は通常、どのような方法で私たちに慰めをもたらしてくださるでしょうか。

【本日の予定】

  • 主の晩餐
  • 月例会〜役員会

【お知らせ・感謝】

  • 28日(月)にシオン錦秋湖の新キャンプハウスの起工式がありました。工事の安全と今後の働きのためにお祈りください。
  • 昨日、花巻広域公園でキャンプリターンズが行われ、子どもキャンプに参加したお友だちを中心に約20名が参加しました。
  • 先週行われた岩手教会連合代議員会で11月16日(日)に「連合教会訪問デイ」を 行うことが決まりました。各教会から車一台に乗れる程度の教会員が、他教会の礼拝に参加し交わりの時を持ちます。
  • 次主日の礼拝で、転入会を希望している佐***姉に証しをしていただきます。
  • 近づいている「世の光の集い」のためにお祈りください。特に被災地域である宮古、大船渡でよい伝道の機会となるように。
  • 牧師のネットワーク事務局としての働きをサポートしてくださる方を募集します。

【被災地支援】

  • いっぽいっぽ岩手の新しいスタッフとして藤井夏美姉が加わることになりました。
  • 今年スタッフに加わった小山兄夫妻に男の子の赤ちゃんが誕生しました。感謝。
  • 一関ベースに第二期目のインパクトチームが到着しました。日々の生活と働きのためにお祈りください。
  • 北三陸では最初のバプテスマ式が予定されています。
  • 10日(金)にコアミーティングを行い、働きの確認と今後のために話し会います。