2013年3月17日週報

2013年3月17日週報

主日礼拝 No.59-52(第3145回)

【今週のみことば】
「どうか、平和の主ご自身が、どんなばあいにも、いつも、あなたがたに平和を与えてくださいますように。どうか、主があなたがたすべてと、ともにおられますように。」テサロニケ人への手紙第二3章16節

《礼拝次第》
前奏 開会の言葉〜前奏に合わせて黙想
招詞 詩篇100篇1-5節(お聴き下さい)
賛美 新聖歌 4 小羊をば
祈り 
交読 37
賛美 歌集 22 なんと素晴らしい
賛美 歌集 40 主の恵みは
聖書朗読 第二テサロニケ3:16-18
宣教 「キリストの平和」
感謝 
賛美 新聖歌 257 キリストは生きておられる
頌栄 新聖歌 65 恵みとまことに
祝祷 
後奏 
報告 
 

【黙想】

  • 主イエスが与えくださる平和はどのようなものでか。
  • 平和はどのようにして「いつでも、どんな場合でも」私たちのものとなるのでしょうか。

【本日の予定】

  • 昼食時 CS教師会
  • 基本原則③
  • OMFメサ師来会

【報告】

    【お知らせ・感謝】

  • 菊***兄は首と腰付近の神経が圧迫される病気の手術のため、明日から入院することとなりました。職場復帰までは2〜3ヶ月かかる見通しとの事です。回復とご家族の守りのためにお祈りください。
  • 中**さんは高校入試に合格され、春からの進路が決まりました。おめでとうございます!バプテスマの準備のためにも引き続きお祈りください。
  • 20日(水)に震災のため会堂を再建した泉聖書バプテスト教会の献堂式があり、牧師家族が出席します。引き続き被災地教会の牧師セミナーにも参加するため、今週の婦人会と祈祷会はお休みとなります。
  • 新年度の役員選挙についての説明と用紙が各自の週報ボックスに入っていますので、31日までに投票をお願いします。

【被災地支援】

  • 先週月曜日に行われた「3.11記念集会」にはおよそ100名の方が集い、共に追悼と継続的な支援に向けて心を一つにすることができました。当日の奉仕、参加をありがとうございました。
  • 昨日の大宮香織さんのコンサートは午後の部がキャンセルになりましたが、午前中の集会は守られました。
  • 本日、気仙沼教会と大船渡教会は若井和生先生が説教奉仕に向かっています。