2020年4月26日週報

2020年4月26日週報

主日礼拝 No.67-4(第3518回)

【今月のみことば】
「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに世を愛された。それは御子を信じる者が、一人として滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」
ヨハネの福音書 3章16節

《礼拝次第》
前奏
招詞 詩篇146篇1-7節
賛美 新聖歌 17 主をほめよわが心
祈り
使徒信条
賛美 歌集 18 輝け主の栄光
賛美 歌集 34 あなたの恵みとそのあわれみを
聖書朗読 マタイの福音書25章31-46節
宣教 「最も小さい者の役割」宣教 「最も小さい者の役割」
賛美 新聖歌 148 夕べ雲焼くる
感謝
頌栄 新聖歌 62 天つみ民も
祝祷
後奏
報告

【黙想】

  • 主イエス様が再臨され、最後の審判がなされるとき、その裁きの基準となるのは何ですか。
  • 最も小さい者である私たちは、この世にあってどのような役割を担っているでしょうか。

    【お知らせ・感謝】

  • 先主日、礼拝後に年次総会が行われ、新年度の計画や予算について話し合われました。先を見通せない状況ではありますが、主の導きを信頼して歩んでいきましょう。
  • 20日(月)中部病院の緩和ケア病棟に入院中の****兄が信仰告白に導かれ、病床洗礼が授けられました。残された日々が守られるように、また息子さんご夫妻のためにもお祈りください。
  • 先主日の午後、岩手教会連合総会が開催され、新年度の歩みについて話し合われました。新型コロナウィルス拡大防止のため、講壇交換は秋以降に延期、連合デイと子供キャンプは中止となりました。連合諸教会もこの状況に対応するために労苦しておりますので、どうぞお祈りください。
  • 先週から週報はあらかじめ各自の週報ボックスに入っています。欠席された方々の分をお届けしたり、発送したりしていますので、教会に来ることが出来た場合は、他の印刷物などと共に、毎週、持ち帰るようにしてください。
  • また、お休みになった方々に週報等のお届け(ポスト投かんで可)への協力は毎週でなくても構いません。できる時にできる方がお願いします。
  • 東京基督教大学・日本宣教リサーから発行された4月の「日本宣教ニュース」に新型コロナへの各教団等の対策とともに当教会の対策も紹介されています。ご覧になってみてください。