2016年6月26日週報

2016年6月26日週報

主日礼拝(講壇交換) No.63-13(第3318回)

【今週のみことば】
「さて、モーセという人は、地上のだれにもまさって非常に謙遜であった。」
民数記 12章3節

《礼拝次第》
前奏 
招詞 詩篇146篇1-7節
賛美 新聖歌 8 七日の旅路
祈り 
使徒信条 
賛美 歌集 34 あなたの恵みとそのあわれみを
賛美 歌集 47 きみはわれのまぼろし
聖書朗読 民数記12:1-8
宣教 「わたしのしもべ」
感謝 
賛美 新聖歌 355 主と共に歩む
頌栄 新聖歌 63 父 御子 御霊の
祝祷 
後奏 
報告 
 

【黙想】

【本日の予定】

  • 発送準備
  • 年報製本作業

【お知らせ・感謝】

  • 本日は保守バプテスト岩手教会連合の講壇交換が行われており、盛岡の近藤愛哉師がおいでくださいました。牧師は気仙沼〜大船渡での奉仕です。水沢の南(ナム)師は盛岡、気仙沼の奥田師は水沢となっています。それぞれの礼拝と交わりが祝福されるようお祈りください。
  • 次週は召天者記念礼拝です。ご遺族の方々がいらっしゃれるように、また天候が守られるようにお祈りください。当日の朝7:30よりテント張りをしますので、可能な方は現地にお集まりください。
  • 7月は「岩手教会連合の月」です。案内と献金袋が週報ボックスにありますので、ご覧ください。また祈りに覚えましょう。
  • 22日(水)盛岡の中**・**ご夫妻に女の赤ちゃんが誕生しました。母子ともにお元気とのこと。おめでとうございます。

【被災地支援】

  • 金曜日にインパクトチームのさよなら会が行われました。今週岩手を離れ、帰国に向けて最後の準備をします。お祈り下さい。受付にチームからの寄せ書きを飾ってありますのでご覧ください。
  • 今週、30日から1日にかけて、熊登と地震災害の支援活動にあたっている九州キリスト教支援センターの働きの視察のため、当ネットワークから近藤先生が、宮城宣教ネットワークの大友先生らと共に向かいます。