2016年4月24日週報

2016年4月24日週報

主日礼拝 No.63-4(第3309回)

【今週のみことば】
「すべての祈りと願いを用いて、どんなときにも御霊によって祈りなさい。そのためには絶えず目をさましていて、すべての聖徒のために、忍耐の限りを尽くし、また祈りなさい。」エペソ人への手紙 6章18節

《礼拝次第》
前奏 
招詞 詩篇131篇1-2節
賛美 新聖歌 27 来る朝ごとに
祈り 
使徒信条 
賛美 歌集 16 新しい歌を主に
賛美 歌集 30 ここも神の
聖書朗読 使徒1:12-14
宣教 「心を合わせて祈る」
感謝 
賛美 新聖歌 421 ここに主は在して
頌栄 新聖歌 64 父なる神
祝祷 
後奏 
報告 
 

【黙想】

  • 使徒たち、婦人たち、イエス様の兄弟たちは、一緒に集まって何を祈っていたでしょうか。
  • 祈りは今日においても不可欠でしょうか。祈らなくてもやっていけるものでしょうか。

【本日の予定】

  • 午後 年次総会
  • 発送準備

【お知らせ・感謝】

  • 熊本、大分の震災に対する支援募金は4月末で一旦まとめて同盟に送ります。後からの分も適宜まとめての送金となります。祈りとともによろしくお願いします。
  • 本日は午後1時頃から2016年度年次総会を行います。教会員の方は出席ください。欠席なさる場合は委任してくださるようお願いします。
  • 5月の連休中に、講壇の床を張り替える工事を行います。ボランティアでの奉仕者を募集します。希望者は中***兄まで申し出てください。
  • 5月22日(日)の教会カフェはインパクト・チームの皆さんによるドイツカフェです。次週、案内の配布を行いますので、ご協力願います。

【被災地支援】

  • 先週はシンガポール、オーストラリア、北海道からのチームが各地で奉仕してくださいました。
  • 香港から1年間短期宣教師として来られ、いっぽいっぽで奉仕してくださっていた方啓源(通称:ビーさん)が4月末で働きを終え、帰国の途に着かれます。
  • シュトラウス先生夫妻とインパクトチームの皆さんは関東での奉仕のために出かけています。