2015年7月26日週報

2015年7月26日週報

主日礼拝 No.62-17(第3270回)

【今週のみことば】
「しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現われるからである。」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。」コリント人への手紙第二 12章9節

《礼拝次第》
前奏 開会の言葉〜前奏に合わせて黙想
招詞 詩篇48篇9-14節
賛美 新聖歌 176 イエスは汝を呼び給う
祈り 
使徒信条 
賛美 歌集 08 命の日の限り
賛美 歌集 44 鹿のように
聖書朗読 第二コリント12:1-10
宣教 「主の恵みは弱さのうちに」
感謝 
賛美 新聖歌 297 神はわが力
頌栄 新聖歌 61 御恵みあふるる
祝祷 
後奏 
報告
 

【黙想】

  • 私たちのうちに弱さが残されている理由は何ですか。
  • 私の弱さを甘んじて受け入れるとき、主はどのように私たちのうちに働かれるでしょうか。

【本日の予定】

  • カナンの園報告
  • 発送準備
  • 子供キャンプ(〜7/28)

【お知らせ・感謝】

  • 20日(月)にシオン錦秋湖で岩手教会連合デイが開催され約70名が集い、良き交わりのときとなりました。
  • 本日午後から岩手・秋田合同子供キャンプが開催されます。当教会からは***くんと**くんが参加します。
  • 7月は「連合の月」です。県内宣教協力、子供キャンプなどの協力事業のために用いられます。ぜひ祈り、お捧げください。
  • 新キャンプハウス備品のための献金は合計で11万円となり、シオン錦秋湖に捧げられました。ご協力感謝。
  • ****姉は介護支援を受けながら自宅での生活を続けることになりました。霊的にも支えられるようお祈りください。
  • 9月に行われる三陸詩画展の案内が届きました。300万円の必要とボランティアの必要が満たされるようお祈りください。

【被災地支援】

  • 先週はEPJM、JEMS、こひつじキリスト教会、スイスIMPACTチームの各チーム、ブルーグラスバンド「WEST END」、エバンジェル・ファミリーチャーチ(シンガポール)、他個人のボランティアが暑い中奉仕してくださいました。
  • キャサリン師は宮古市内に家を借り、バークナー師も引っ越しを検討しています。それぞれ活動の拠点として、また聖書の学びの場等としても用いる予定です。
  • 宮古エリアは8月16まで活動は夏休みとなります。