2014年2月9日週報

2014年2月9日週報

主日礼拝 No.60-45(第3192回)

【今週のみことば】
「ちょうど、からだが一つでも、それに多くの部分があり、からだの部分はたとい多くあっても、その全部が一つのからだであるように、キリストもそれと同様です。」
コリント人への手紙第一12章12節

《礼拝次第》
前奏 
招詞 詩篇36篇5-9節
賛美 新聖歌 28 御神の恵みを
祈り 
主の祈り 
賛美 歌集 16 命の日の限り
賛美 歌集 26 セレブレイト・ジーザス
聖書朗読 第一コリント12:12-20
宣教 「ひとつのからだ」
感謝 
賛美 新聖歌 143 いとも尊き
頌栄 新聖歌 64 父なる神
祝祷 
後奏
報告  

【黙想】

  • 教会は何によって結ばれた「からだ」ですか。
  • 教会に様々な人がいるべきなのはなぜですか。

【本日の予定】

  • 証し集編集委員会
  • チラシ配布

【お知らせ・感謝】

  • 本日午後、復興支援コンサートのためのチラシ配布を行います。教会周辺を中心に行います。また、各自ご近所などにお配りください。必要な分はあらかじめ確保してください。(天候を見て判断します)
  • 16日(日)午後3:30より岩手教会連合代議員会が、水沢教会を会場に開かれます。牧師と菊池善治兄が出席します。
  • 夏に来られる香港・カナダからの短期宣教チームのメンバーが決まりました。月報をご覧下さい。
  • 明日、神学校の理事会が行われ、並行して被災地四県連絡会が行われます。牧師が理事として出席します。連絡会には近藤師や数名のスタッフが参加予定です。
  • 証し集の編集委員会を開きますので、案内に従って委員の方はお集まりください。

【月例会/役員会】

  • 復興支援コンサートについて日時 2月23日(日)2:00〜動員目標 80名会場、お茶出し等の協力をお願いします。
  • イースター礼拝日時 4月20日(日)10:30〜伝道の機会として、また礼拝に足を運んでもらうために、多くの方々が気軽に来られる工夫をする(ハンドベルなど)。
  • 役員会では新年度の計画や予算について話し会いました(継続)。