2014年10月12日週報

2014年10月12日週報

主日礼拝 No.61-29(第3229回)

【今週のみことば】
「ところが神は、これほどの大きな死の危険から、私たちを救い出してくださいました。また将来も救い出してくださいます。なおも救い出してくださるという望みを、私たちはこの神に置いているのです。」コリント人への手紙第二 1章10節

《礼拝次第》
前奏 開会の言葉
招詞 詩篇104篇1-4節
賛美 新聖歌 258 墨よりも黒き心なれど
祈り 
主の祈り 
賛美 歌集 21 あなたこそ私の主
証し (佐***姉)
賛美 歌集 47 きみはわれのまぼろし
聖書朗読 第二コリント 1:8-11
宣教 「患難から感謝へ」
感謝 
賛美 新聖歌 311 いかに恐るべき
頌栄 新聖歌 62 天つみ民も
祝祷 
後奏 
報告 

【黙想】

  • 想像を絶する患難の中でパウロが慰めを得ることができたのはどのようにしてですか。
  • 過去の慰めの経験が将来の苦難の時にも慰めの望みとなるのはなぜでしょうか。

【本日の予定】

  • 役員会

【お知らせ・感謝】

  • 本日は転入会を希望している佐***姉に証しをしていただきます。
  • 本日の昼食は16日の世界食料デーに向けての「ひっつみ昼食」です。
  • 8日(土)は宮古で、19(日)は世の光の集いが行われます。19日の午後、大船渡の集会に応援にかけつけますので、希望者は受付にある表に記名してください。
  • 11月の一泊修養会の締め切りは次週19日になりますので、よろしくお願いします。積極的に参加しましょう(泊まりなしの参加も可能です)。
  • 今週の婦人会は延期になっていた佐***姉宅での家庭集会です。10時に教会を出発しますので、一品持ち寄りでお集まりください。
  • バプテスマに向けて学び(毎週金)を始めた今**さんのためにお祈りください。

【被災地支援】

  • 今週はシンガポールチーム、マレーシアチーム、同面教団チーム、酒田教会チーム、ライフレイチーム、カナダからのピアニスト他、個人でのボランティアが各地で奉仕してくださいます。
  • 宮古、大船渡での世の光の集いに支援活動で親しくなった方々がいらっしゃれるようにお祈りください。
  • 事務局の活動のために、高***姉が奉仕に加わわることになりました。