2014年1月5日週報

2014年1月5日週報

主日礼拝・主の晩餐 No.60-40(第3187回)

【今週のみことば】
「すべての祈りと願いを用いて、どんなときにも御霊によって祈りなさい。そのためには絶えず目をさましていて、すべての聖徒のために、忍耐の限りを尽くし、また祈りなさい。」エペソ人への手紙6章18節

《礼拝次第》
前奏 
招詞 詩篇22篇23-27節
賛美 新聖歌 18 おお御神をほめまつれ
祈り 
賛美 歌集 01 御前に集い
告白 交読59と黙想
主の晩餐 
賛美 歌集 06 生ける限り主を
聖書朗読 エペソ6:18-20
宣教 「すべての祈りと願いによって」
感謝 
賛美 新聖歌 301 わが行く道 いついかに
頌栄 新聖歌 65 恵みとまことに
祝祷 
後奏 
報告 

【黙想】

  • 祈ることは私たちにとってどの程度重要でしょうか。
  • 共に祈ることが重要なのはなぜでしょうか。

【本日の予定】

  • 主の晩餐
  • 月例会〜役員会

【お知らせ・感謝】

  • 新しい年を迎えました。この一年も主に信頼し、互いに心を一つにして歩んでまいりましょう。
  • 1日、元旦礼拝が行われ、帰省中の皆さんとの再会を喜びつつ礼拝を捧げました。
  • 明日から保守バプテスト同盟の河口キャンプがシオン錦秋湖で行われます。若手の働き人の交わりと励ましのためのキャンプで松****姉も参加します。
  • 10日より牧師は冬期休暇をとります。このため次週の宣教は奥田久良師にお願いしています。覚えてお祈りください。
  • 2月20日(木)〜24日(月)に竹下静姉が来県し、被災地での支援コンサートを行います。また23日(日)は当教会でのチャペルコンサート開催を企画中です。用いられるよう祈りましょう。

【被災地支援】

  • 各ベースも新年を迎えました。お休みのエリア、スタッフもあります。特にクリスマスから年末にかけての疲れがありますので、お祈りください。
  • 休暇中のシュトラウス先生家族とドイツチームは10日に一関に戻ってきます。松****姉はベースに留まっていますがイベントはなく、訪問等を行っています。
  • 9日から1月いっぱい、ドイツYWAMのチームが3隊に別れて各地で奉仕します。